« 2009年5月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年6月

2年間にせんか

呉中央桟橋使用料を1年間免除

http://www.kure-news.com/news/000446.html

ETC時限立法が切れるまで、にするべきであり、またこれは地方ではなく国が積極的に助成するべきである。

そもそも近距離海運のほとんどは瀬戸内海が占めているのだから、広島・愛媛両県ではなく、汎瀬戸内サミットをやって、沿岸の諸都市が一丸となって対処し、国に窮状を訴えるべきである。

J-CASTニュース : 民主の高速道路無料化 ETCはいらなくなる?
http://www.j-cast.com/2009/06/18043458.html

民主党が政権を取ってマニフェストを実行したらETCは要らなくなりますか?
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1419396529

できるわきゃねーだろボケ(この悪口は質問者に向けられたものではない、念のため)。

ドイツのアオトバーンが無料なのは、ヒットラーが施工を強行した採算度外視なものであって。民主主義でそれがまかり通るわきゃない。

お前らどのツラ下げて、民主などと看板掲げとんじゃ。

ちなみに道路を持ち上げ過ぎて海運が傾いて、それを援助するというのなら、鉄道と航空はどないせぇと。

……野田大元帥の従弟であるから、タロウちゃんは極力ヨイショしてきたが、この悪法だけは許すまじ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

最近、訃報が多くてかなわん

中里融司先生、崩御。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E9%87%8C%E8%9E%8D%E5%8F%B8

まだ52才ではありませんか……。

架空・仮想戦記はキラいなので(実話を山盛り聞かされては)、読んではいないのだけれど

http://ifbook.losttechnology.net/category/296973-1.html

それでもSF関係でお顔は拝見していたし、3年前のSFローカルツアー「大和ミュージアムと護衛艦見学」で、音戸ロッジでお泊り馬鹿騒ぎをやった。

護衛艦見学の際には、まだ揚陸前のあきしおを見て、みんなで「潜水艦資料館ができたら、次回をやろうね」って言ってたのに、音戸ロッジがなくなってやりあぐねていたら……。

遺された者たちは、空のお星様になった彼の人を懐かしむのみであります∠(;_;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もはや一地方の問題ではない

このリンク先をご覧いただきたい。

航路廃止 - Google 検索
http://www.google.co.jp/search?num=50&lr=lang_ja&q=%e8%88%aa%e8%b7%af%e5%bb%83%e6%ad%a2

既に瀬戸内海だけの問題ではないのだ。

山口県が原油高騰に加え、ETC逆効果にあえぐ内航海運の救済にいち早く乗り出した。

「フェリーの港湾使用料免除へ」'09/6/10

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200906100014.html

しかし1年では……ETC時限立法の切れる2年間は補助して欲しい。

遅ればせながら広島も、ただし広島市の宇品港だけ。

「広島港の港湾使用料を免除へ」'09/6/11

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200906110036.html

広島県は「国がETC時限立法を作ったから、国が補助すべきで県の問題ではない」と当初アホウなことをのたまっていたわけだが、事ココに及んで世迷いごとを抜かしている場合ではなくなった。

「海員組合が県に航路存続要請」'09/6/12

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200906120034.html

最近の中つ国新聞はこのように毎日、海運業の悲鳴がこだましている。

海向かいの愛媛ではこんな感じ。

「フェリー廃止 場当たり的政策の犠牲だ」愛媛新聞社ONLINE

http://www.ehime-np.co.jp/rensai/shasetsu/ren017200905270508.html

市井の人ですら分かる問題である。

YANO's digital garage - 瀬戸内航路廃止相次ぐ
http://www.bravotouring.com/~yano/diary/20090605ferry.htm

道路には補助があって、海路にないのはおかしい。
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200906120004.html

今一番ヤバイのは、三原港ではないだろうか。尾道のしまなみ海道に目を奪われがちだが、この2都市は電車でも車でも1時間はかかるくらい離れている。

尾道以東はいい。しかし以西の地区から島嶼部に行くには、わざわざ迂回する形になる。

私はこの2年、ちびちびつたないながらも、自分の足で江田島~三原間の海域のいくつかの航路を体験してきた。年々不便になっている。

P4190210_2

 しまなみ海道から外れた区域は、生活バスすらなくなってきている。地元民は車で行き来しろということか。しかし車が乗り込めるカーフェリーがどんどん廃止されているのだ。

瀬戸内・海の路ネットワーク推進協議会
http://www.uminet.jp/

瀬戸内海環境保全協会
http://www.seto.or.jp/setokyo/

こういった組織があるのだが、つい最近首長会議をやっていながら、内航海運には全然触れてないんだよな、このウィーン会議は……。

国は2年間の保護措置を!

内航フェリー・内航海運への支援策導入求め決議 海運・造船対策特別委、海事立国推進議連合同会議
http://www.jimin.jp/jimin/daily/09_03/26/210326a.shtml

移動図書館・文化船「ひまわり」号

P4190125_2

玉ノ浦の水辺に咲けり 御楽に尾道:文化船・ひまわり - livedoor Blog(ブログ)
http://blog.livedoor.jp/koji0812g/archives/51328912.html

こういう時代は、ほんの30年くらい前の話なのだ。

橋とかネットとか、そういうものだけでは片付けられない、それが瀬戸内のしまなみ文化である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野田<宇宙大元帥>昌宏閣下、銀河方面転進より早一年

 永のお別れから、しばらくたってしまいました。あの時は本当に泣いた泣いた。まだ首も座らない姪のななたんを寝かしつけながら、子守唄代わりに「ポプラ通りの家」を口ずさみながら、ぼろぼろ泣いた。

 もっともあのじーちゃまは、ワタシの事をたいそう怖がってましたが(^_^;)。真相はコチラをドゾ。

私が宇宙軍に入ったワケ
http://homepage1.nifty.com/blue_marimo/join.html

 最後に拝謁かなったのは、G-conの時だった。おそばばっかり食べてるの。

私「糖尿とか意識してます?」

野田「ウン(ちゅーズルズル)」

 かき揚げ乗せてたら、イミないっちゅーねん(-_-;)。

 こういう人だったので、やまミューに来たらきっときゃいきゃい喜んでただろうなぁ。

http://yamato.channel.or.jp/yamato/03.html

そして当時のウンチクをいっぱい聞かせて下さったに違いない。

 いやあ、ホントにかわゆいじっちゃまだった。あのニコニコまぁるいご尊顔を拝し奉る事は、もはや永久にかなわなくなってしまった。

 たくさんのキラキラした夢を、本当にありがとうガチャピン。

 ガチャピンのトリビア

| | コメント (0) | トラックバック (0)

月曜も日曜もあまり関係ない身です

 怪獣どものお守りと親のボヤキに悩むしかない今日この頃。

 ストレス溜まりまくりで、肋間神経痛とか顎関節炎とかのどが引きつり歯茎がカギ針で引っかかれるような痛みが。

 でも外に出ると貯金が減るので自宅警備orz

 明日は数少ない面接の機会。寝るぞ、美容に悪い。

 なにげに変なもの見つけますた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

海軍グルメうまうま

P5260289

 あまりにも宣伝してないので、客足大丈夫かと懸念していたが、さすがにやまミュー前。いまだ絶大なる観光客動員力に助けられ、昼過ぎにはお惣菜系完売。特に「戦艦霧島の鯨カツ」は250食を1時間で売り切る。カツレツなだけに熱烈大盛況。

 呉観光協会最強兵器「1/40戦艦大和(肉じゃが鍋搭載)」も出撃。半田夏樹二水を乗せて写真撮らせてもらおうと思ったら、製作者のおぢさん(エプロンマン)にウケまくりで、「閉会まで貸したげます(^_^;)」ということに。

 その後、ヤツは観光客の皆さんに馬鹿ウケしていたそうな。文字通りの客寄せパンダ状態w 一種セーラーの冬彦だったら、ペンネが「大日本軍艦大和」なんたけどなぁ。

 エセ東郷提督も混じって、はいチーズ。ちなみにその実態は、肉じゃがベースの醤油屋さんである。

http://portal.nifty.com/2009/04/04/b/

 呉市の東の端っこに位置する安浦のアイス屋「萌木野」さんが、日曜日だけ、やまミュー前に出店してます。

http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/3e8edfc2bd07e7d2afc32daad2b652f7/2c

大きな地図で見る

P5260288

 売り子ちゃんが持ってるのは、大吟醸アイス。やはり安浦の酒造メーカー「盛川酒造」さんの大吟醸「白鴻」の酒かすを練りこんである。ううん、お米由来の甘さが漂ってきますよママン。

http://www.enjoy.ne.jp/~sarasouju/

 ちなみにこの子の双子の妹は屋内でガイドをしている。戦艦大和をゴスロリ衣装で語るフリフリちゃん……。1/10艦長のお気に入り、をぢさんをぢさん(-_-;)。

 今回は急遽イベントが決まったのでPR不足だったのだ。来年もやるということなんだけど、季節ごとにやってくれんかいな。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年12月 »